ホットフラッシュは、主に40代〜50代といった中高年の女性に多い症状ですが、20代で起きることもあるので注意してください。 なぜ、20代でも起きてしまうのかというと、生活習慣の乱れなどによって、40代〜50代の女性が発症しやすい更年期障害と同じ状態になってしまうからです。 そのため、20代のまだ若い女性でもホットフラッシュが現れることがあるでしょう。 20代の方がホットフラッシュを引き起こしてしまう原因は、以下のようなものです。 ・ストレス ・生活習慣の乱れ ・過度なダイエット ・極度の疲労 ストレスが蓄積されると自律神経が乱れてしまい、ほてりや発汗といったホットフラッシュの症状が出てしまうことがあります。 また、乱れた生活習慣をしているとホルモンバランスが乱れてしまい、更年期と同じような状態になってしまうため、ホットフラッシュになりやすいです。 それに、過度なダイエットや極度の疲労によって、ホルモンバランスや自律神経が乱れてしまい、ホットフラッシュの症状が現れることもあります。 このように、20代でも十分ホットフラッシュに悩まされることがあるので、日頃の生活習慣を見直してみるのも良いかもしれません。